la Marmotte vol.5 -à col du Télégraphe(1566m)

Profil1282

R0020356

グランドン峠(1924m)からの下りに備えてGiletを羽織り
気持ちの準備をする。

Rimg0671

そう。待っていたのは谷間へとダイブする極上のダウンヒル。
そこには白線もガードレールもない。
天国を感じるのも、地獄へ落ちるのも
自分次第。あなた次第。

R0020361

山を降りると、しばしの平坦路。
ここでは見知らぬローディーとトレインを組んでは離脱して、
速度域の合うトレインに乗り換える。
出会いと別れを繰り返して前に進むのだ。

太陽が高くなり、ますます気温は上昇する。

R0020360

調子はどうだい、兄弟?
あちーな。。しかし。

R0020364

いいかげん暑さにうんざりして
スピードが落ちてきた頃に突然現れた給水所。
鉄棒のように横たえられた鉄パイプに
等間隔に蛇口が備え付けられている。
そこから溢れ出る水は、周辺のそびえ立つ山々からの
雪解け水を使っているのか、とても良く冷えている。
陽に照りつけられて火照った頭や体を冷やし
ボトルに水を詰める。

緑のタワーに見えるのは三方から用を足せるトイレ。
日本では見かけない形だ。

R0020367

給水所から間もなくして、最大の難所、ガリビエ峠への挑戦が始まる。
ここから34km(!)の上り。
避けては通れないものには立ち向かうしかない。

R0020370
延々と連なるローディーの群れ。
何を求めて、この厳しい上りに挑むのか。

Rimg0680


おそろいのジャージを着た若いにーちゃんたちご一行に話しかける。
「自分ら、どっからきたん?」
「スペインやで。あんたは?」
「おれは日本の神戸からきたんや」
「まじで?そらすごいな。
ひょっとして、このマルモッタのためだけに
わざわざやってきたんか?」
「んー、まあ、そうとも言えるし。
ミュンヘンに住んどる弟に会いにきたんもある」
「そうかあ。なるほどな。きっつい上りやけどがんばろうぜ。」
「おうよ。」

ベルギーやオランダやイギリスや、いろんな国の参加者と
言葉を交わしたが、たいていこんなやりとりになる。

Rimg0681

「いよいよ楽しくなってきたでー!」
う、後ろの人達はみんな苦しそうなんすけど。。

R0020369

右は若い女性。
競技と違ってグランフォンドでは年齢や性別の壁を
超えて同じ目的に挑戦できるのが素晴らしい。
「がんばれ!」

R0020368
トライクでの参加者も!(嘘)

R0020377

そろそろ疲労や、小さな体の不調を感じはじめるが、
それでも足の回転を止めるわけにはいかない。
たとえ兄弟と一緒に走っていても、後ろから押してくれるわけではない。
待っていても誰かが助けてくれるわけではない。

それでも、励まし合ったり、声をかけあったりすることで
元気をだして前に進むことができる。

R0020382
やっとこさ、たどり着いたぜテレグラフ。
あまりにしんどいので、
山小屋でコーラとパニーニを求め、しばしの休憩。
お店のお姉ちゃんがきれいやった。

ガッチがつくってくれたコースシート(ヒロチェの左手)を
見ながらため息をつく。「まだ半分くらいか。。。」
そしてあることに気がついた。
「あ、俺らこんなとこでまったりしとるけど
ここ補給ポイントとちゃうやん。」
オフィシャルの補給ポイントは、
このテレグラフを少し下った先なのだった。。。

続く

[`evernote` not found]

3 Comments
  1. この下りはほんと最高に気持ち良さそう!
    ええな〜!って下るにはまず登らなあかんのね。

  2. >Hatoさん
    フランスの峠のダウンヒルはほんまに気持ちイイよ
    そして、ヨーロッパの一般サイクリストは
    意外と下りが遅い人が多いので、結構ぶち抜けます。

  3. Pingback: ZUZIE's blog | la Marmotte vol.4 -à col du Glandon(1924m)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

*