紫陽花ロードを走ろう

R0023201
Pedalさんのブログ記事「六甲山のアジサイなう」に触発されて
再度山からアタック。

R0023209

紫陽花は神戸市制80周年と万国博開催を記念して、1970年(昭和45年)5月に制定
された市民の花。六甲山ではドライブウェイの至るところで見ることができる。
私が選ぶ六甲山の紫陽花の見所を以下に3つご紹介する。

R0018549
最も壮観なのが、神戸市立森林植物園の紫陽花。
なんと園内には5万株が植えられている。
入り口付近の両側に広がる紫陽花には目を奪われる。

R0023210
六甲山牧場にも数多くの紫陽花が咲いていた。
この時期は羊や馬たちとの触れ合いだけでなく、
紫陽花の小径を散策することもできる。
自転車で行っても各ゲートの入り口付近で山盛りの
紫陽花が目を楽しませてくれる。

R0023224
3つ目は掬星台の少し南にあるあじさい池周辺。
看板が小さい上に、木陰に覆われた薄暗い斜面に広がっているので
たいていの人は気づかずに通り過ぎてしまう。
掬星台で神戸の街を一望した後は、ここを散策するとよいだろう。

R0023220

点ではなく、線として最も美しいのは六甲山牧場から掬星台への道だろう。
道の両側に色とりどりの紫陽花が咲き乱れている。
標高が高く、気温が低いせいか状態がとてもよかった。

この道を楽しめるのは、麓からえっちらおっちら自転車をこいで上ってくる
ローディーだけかというと、そういうわけではない。
六甲山牧場と掬星台では電動アシスト自転車を無料で貸し出すサービスを
提供している。例えば牧場の駐車場に車を停めて、自転車を借りれば
掬星台までの紫陽花ロードを楽しむことができるのだ。
この道は結構アップダウンがあって、普通のママチャリでは厳しいところだが
電動アシストがあれば難なくこなせるだろう。
チャイルドシート付きの自転車も貸し出しているようなので、子供を乗せて
走ることもできる。

来週の3連休までは、まだ綺麗な紫陽花を楽しむことができるだろう。
ローディーはもちろん、そうでない人も、この紫陽花ロードを楽しんで
みてはいかがだろうか。


[`evernote` not found]

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

*