2016年8月にセレクトした楽曲

Spread the love

 


曲名 アーティスト アルバム ジャンル
L’amour rêvé アンドレ ギャニオン Un souvenir du Japon Instrumental
Dream On feat. 三浦大知 福原 美穂 The Best of Soul Extreme R&B/Soul
STARLIGHT 福原 美穂 The Best of Soul Extreme R&B/Soul
Rio (feat. Simon Le Bon & John Taylor) [Pass the Baton] CSS Rio (Pass the Baton) – Single Pop
Rude (feat. Von Smith) Scott Bradlee’s Postmodern Jukebox Historical Misappropriation Jazz
Womanizer Scott Bradlee’s Postmodern Jukebox Historical Misappropriation Jazz
Wiggle Scott Bradlee’s Postmodern Jukebox Historical Misappropriation Jazz
Maps (feat. Morgan James) Scott Bradlee’s Postmodern Jukebox Historical Misappropriation Jazz
Stay With Me Scott Bradlee’s Postmodern Jukebox Historical Misappropriation Jazz
Girls Just Wanna Have Fun Scott Bradlee’s Postmodern Jukebox Historical Misappropriation Jazz
Really Don’t Care (feat. Morgan James) Scott Bradlee’s Postmodern Jukebox Historical Misappropriation Jazz
No Diggity (feat. Ariana Savalas) Scott Bradlee’s Postmodern Jukebox Historical Misappropriation Jazz
Creep (feat. Karen Marie) Scott Bradlee’s Postmodern Jukebox Historical Misappropriation Jazz
Summer Scott Bradlee’s Postmodern Jukebox Historical Misappropriation Jazz
All About That Bass (feat. Kate Davis) Scott Bradlee’s Postmodern Jukebox Historical Misappropriation Jazz
Waterfalls Scott Bradlee’s Postmodern Jukebox Historical Misappropriation Jazz
Livin’ On a Prayer (feat. Miche Braden) Scott Bradlee’s Postmodern Jukebox Historical Misappropriation Jazz
Problem Scott Bradlee’s Postmodern Jukebox Historical Misappropriation Jazz
Break Free (feat. Morgan James) Scott Bradlee’s Postmodern Jukebox Historical Misappropriation Jazz
Trust Me Kate Davis Trust Me – Single Alternative
iTunesプレイリストより

たまたまテレビで「実力派ボーカリスト」として紹介されていた福原美穂をみて、実際聞いてみたところ、情感たっぷりに伸びのある声で歌い上げるところが気に入った。
オリンピックがあったのでやはりRIO.CSSってWEBやってる人間にはスタイルシートか?って思うけどバンド名なのね。楽曲本家のデュランデュランのメンバーが参加しているところも面白い。ただ、どうしてもこの曲沖縄っぽいリズムに聞こえてしまうのはなぜだろう。実際に踊れそう。
あとはPJM。現在の楽曲をレトロなジャズやソウルとして完全に再解釈して表現しているところが見事で、聴き応えがある。同じような手法ではTha Bad Plusが好きだったのだけど、PJMはいろんなヴォーカルを起用するなど、軸はありながらも表現に多様性があっておもしろい。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

*