【本】気にしない練習/名取 芳彦

気にしない練習: 不安・怒り・煩悩を“放念”するヒント (知的生きかた文庫)気にしない練習: 不安・怒り・煩悩を“放念”するヒント (知的生きかた文庫)
名取 芳彦

三笠書房
売り上げランキング : 8051

Amazonで詳しく見る by AZlink
昨年末の忘年会で隣に座った後輩に「なんか最近面白い本あった?」と聞いたら教えてもらったのがこの本。住職の著者が、いろいろと気にし過ぎてしんどくなっている現代人に心をラクにして生きるためのヒントを仏教的な視点から伝える内容。

ポイントは2つあって、1つは住職だからといって完璧な人間なわけではなく、悩んだりイラッとしたりしながらも心のコントロールをしていく様がカッコつけずに書かれているので、親近感がわくと同時に自分でもこれくらいの考え方ならできるのではないか?と思わせる平易な物言い(これが難しい)に共感が持てる。

もう1つは「情報の暴飲暴食をやめよう」とか「電話、メール、SNS•••つながりすぎない」という見出しにもある通り、普遍的なことだけに限らず現代人が陥りやすい罠についても扱っていて、これらに対しても仏教の教えを通した対処のしかたを披露されているところが素晴らしい。

心のリセットのためにさらっと読んでみるのはいかが。

[`evernote` not found]

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

*