経済格差と教育格差の行き過ぎ



このカナディアンアカデミーの高等部の年学費は300万円以上。アメリカはもっと酷いことになっていてハーバード大は年学費が約670万円(2016)、公立の州立大学でも年間600万円程度になってしまったらしい。日本の私立医大なんて目じゃないくらい高い。いい教育を受けるためにはある程度の対価が必要なのは理解できるけど、もはや許容範囲外。。

佐藤優氏の著書によると、リーマンショック以降企業と個人の寄付金が激減した結果、学費が高騰してしまったことがその原因。アメリカの学生は減ったが、主に中国人の富裕層の子息がジャンジャンやってきているとのこと。

極端な経済格差が教育格差を生み出し、それが取り返しのつかないところまで行き過ぎようとしている。先の選挙で反知性主義が多数派になったことからもわかるように、これからアメリカは国力は下がっていくのではないだろうか。

牙を研げ 会社を生き抜くための教養 (講談社現代新書)牙を研げ 会社を生き抜くための教養 (講談社現代新書)
佐藤 優

講談社
売り上げランキング : 5105

Amazonで詳しく見る by AZlink


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

*