暑さ対策にニトリの遮熱レースカーテンを導入

Spread the love

以前から使っていたレースのカーテンが薄汚れて洗濯してもきれいにならなくなってきたので、ニトリに買い求めに行ったところ高機能レースカーテンがずらりと並んでいたので「遮熱カーテン」というものを買ってみた。以前のものはスケスケで、そのぶん南向きの部屋では冬場に陽の光が燦燦と室内に降り注いで暖房いらずで重宝した。遮熱レースカーテンは、別の機能として目隠し効果とか、ミラー効果とか、遮像効果というものが必ず付いていて、スケスケの視界の良さは失われるが、それよりも真夏の暑さを凌ぐのが優先された。

店頭では確かめようがなかったが、とりつけてみると中からの視界はそこそこあるが、不思議なことに昼間だと外からはかなり見えにくいことがわかった。肝心の遮熱効果はというと、計測したわけではないが、直射日光があたっている割にはカーテンの内側にいるとだいぶ暑さはマシというのは感じられた。ただ、窓枠などはアルミサッシのためかなり高温になっており、それが発熱源となってじわじわと部屋を温めているのはいくらカーテンが間にあっても防ぎようはなく、根本的には窓が日陰になるように遮蔽物を設置するしかない。

いずれにしても「お値段以上」の高機能なレースカーテンである。値札をみると非常にお手頃で種類も多いので、気になってる方は気分転換にレースカーテンを買い替えてみてはいかがだろうか。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

*