la Marmotte vol2 – 決戦の地へ向けて

R0020260
長距離の移動で疲れて眠りこけて
一夜明けると外は快晴。
空港近くのリヨン駅は現代的な造形で目をひく。

異国の地で目覚めて、旅情に浸りたいところだが
恨むべくはテクノロジー。
電話もネットもつながるとなると、日本にいる時と
さして変わらずに仕事ができてしまうのであった。
私もヒロチェも朝から業務メールをチェックしたあと
電話対応に追われる。

R0020263
ヒロチェが仕事をしている間に
私とガッチでレンタカーで車をピックアップ。
フランスだというのに、でてきたのはなんとアメ車!
DODGEのSUVだった。なんでやねん。。。
シトロエンのC4ピカソクラス、でオーダーして
そのままの車が出てくるワケではなかった。

天井が思ったより低かったので、バイクケースが
3セット入るか心配されたが、ご覧のように
なんとか収まって一安心。

R0020268リヨンから一路南へ進路を取り、グルノーブルを目指す。
仲間と異国の地でドライブをすると気分が高まる。
周囲に見える切り立った山の稜線が、アルプスに
近づいていることを教えてくれる。

R0020276
ほどなくしてグルノーブルへ到着。
若い旅人たちがたむろする駅周辺を散策した後
ランチをとることに。

Rimg0555
夏の日差しといっても、日本のそれとは違うので

日陰さえあれば外で食べるのに良い気候だ。
いやー、気持ちいいねぇ。

R0020280
白身魚のホイル焼きとじゃがいもとサラダ。

Rimg0560
田舎町のちょっとしたカフェでもデザートのレベルは高い。
さすがフランス。

Rimg0566
一息ついたあとはホテルについて
バイクの組み立てとチェック。

昨日リヨン空港でバイクを受け取ったときに
シーコンのバッグに固定していたリアのエンドが
クイックから外れていた。私とガッチの二人共。
それだけの衝撃を受けたと考えられるので
バイクへの影響が心配だったが、特に問題なくて一安心。

R0020297
ホテルは明日のスタート地点からは少し距離があるものの
モダンな設えが心地良かった。
部屋にはバスキア?の絵がかかっていたりして。
しかもリーズナブルプライス!

Img_0650
一服したところで、食料と飲料の買出しのため
マーケットへ。
iPhoneのgoogle mapはこういうときに便利だ。

R0020308
そして私とヒロチェは軽くライドへ。
グルノーブルは、ご覧のように自転車レーンはあるのだが
舗装が非常に悪く、予想に反して走りにくかった。

R0020306
周囲に見える山々はこぞって厳しい表情をしている。
今年のツール第10ステージはこの近くを通過して
南下していった。

R0020309
明日に備えて早めの夕食へ。
しかしガッチはよく飲むなあ。

R0020312
ここのレストランはサラダは洗面器一杯分くらい、
貝はドカ盛り、肉は山盛り、デザートはてんこ盛りと
凄まじいボリュームだった。

食べている途中で風が強くなり
外で食べていた客はすべて店内へ避難。
嵐を呼ぶWEMOは、フランスでも嵐を呼ぶのか。。。

R0020315
早く食べて早く寝る予定が
料理の量があまりに多いので時間がかかってしまった。

しかし胃袋は満タン。
バイクの調子はバッチリ。
準備万端ながらも、ちょっぴり緊張して
眠りについた。

続く

[`evernote` not found]

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

*