2014私的best3 音楽編

1.ありのままで/松たか子

流行っているのは知っていたが映画は見たことがなく、レリゴーの歌も知らなかった。ラジオで最初に聞いた時、松たか子の歌声に衝撃を受けて、20回くらい連続で聴いた。本業の歌手とは違う、舞台女優の声量と表現力に感動した。

2.Happy/Pharrel Williams

懐かしい曲が多くかかるFM COCOLOで、珍しくこの新曲はガンガンオンエアされていた。リズム感が気に入ったし、何よりPVがカッコ良かった。一般の人っぽい人が踊る映像が次々とつなげられていく手法が斬新だった。この曲で忘れられないのは、マヨルカとマラガに向かうLCCで着陸前の機内でこの曲がかかっていたことだ。座席で気難しそうにキョロキョロしていたドイツ人の女の子が、この曲がかかった途端にすごい笑顔になって口ずさんでいたのが忘れられない。

3.Andaluza/Granados

今年のコントラバス発表会で演奏した曲。音楽と映像でスペインを紹介するBSのテレビ番組でこの曲が流れていた。ギターの哀愁を帯びた響きに魅せられてバスでも弾いてみようと思った。練習のために何度も弾いたし聴いたので、いまだによく口ずさむ。

[`evernote` not found]

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

*