コントラバスの演奏発表会

私のコントラバス師匠である長谷川光先生のファミリーが主催する「織音会」が今年も舞子ビラあじさいホールで開催された。私は通算5回目の出演。今年は技量を試す意味もあってカプッツィの「コントラバス協奏曲」を選曲した。

よくできたと思う点は
•「曲想」を意識して、強弱や弓の使い方を意識できたこと

改善したいと思う点は
•(特に前半)音程が安定しなかった
 おそらく本番用のシューズが高かったことに意識が薄かったのが原因かと。
 対策としては現状でエンドピンが最高位置なので、ピンを交換して高いシューズを履いてもさらにピンを伸ばせるようにしたい
•テンポのアップ
 同じ曲を弾いたカンナちゃんと30以上テンポが遅かった。練習量の問題(仕方がない)けれど、もう少し速く安定して弾けるようになりたい

ありがたかったのは、伴奏の大槻朱里さんが本番でもテンポがはやることがないようリードしてくれたことと、にこやかな笑顔で落ち着かせてくれたこと。ピアノ専攻の方かと思ったら声楽のスペシャリストの方で、直前の舞台での歌声と表現力が素晴らしくて感動してしまった。


さらに今回は先生の門下生でカルテットを組んで2曲演奏。出来はともかく同じ楽器で和声(ハーモニー)を奏でるという楽しさを感じることができて、とても楽しかった。若いベーシストたちとも交われたことも刺激になった。


次は何を目標として次回の発表会に臨むか、じっくり考えたい。


One Comment
  1. Pingback: ZUZIE's blog | 演奏発表会で感じたこと〜人前で自分を表現するという経験は人生のいろんな場面で役に立つ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

*