調子の悪かったSONY RX100を修理に出したら新品同様になって戻ってきた


SONYのRX100というコンデジを所有しているのだが、iPhoneのカメラが高性能化して利用頻度が増えたことと、ある時から電源ボタンを押してからのレンズの出し入れなどの挙動がおかしくなって利用頻度が極端に減っていた。ところがふとしたきっかけでRX100シリーズの記事を目にしたところ、最新は4世代目まできているが、私が所有する1世代目はコストパフォマンスがよく今でも店頭販売していて、しかも人気が高いのだという。これは調子が悪いままにしておくのはもったいないと思い、思い切ってSONYの修理サービスへ出すことにした。

ネットで登録すれば、指定の日時に業者が引取にきてくれるので梱包する必要もない。そんなに間が経たないうちに戻ってきたら、問題の原因である接点基盤だけでなく、外装、液晶、レンズまで新しくなっていてびっくり。費用は16000円少々かかるのだけれど、新品を買い直すことを思えば、なんだかお得な気がする。丁寧な梱包と説明、そしてアフターフォローもあってメーカーの姿勢が伝わってきた。

支払いは商品お届けの際にキャッシュというのはなんとかならんのかな、とも思うけれど。それにしても気持ちよく使える状態になって気分がよい。スマホで撮影もいいけれど、コンデジもまた使ってみようと思う。



[`evernote` not found]

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

*