第三回六甲山シンポジウムに参加


地元で面白そうなイベントがあるというので参加してきた。今回は神戸市消防局航空機動隊のお二人をお招きして「航空隊と考える山岳救助」という題でお話をしてもらい、参加者の質問に答えて頂いた。山岳救助の実情を貴重な映像を交えてお話頂いて、大変興味深かった。

プレゼンする身として気になったのは、会場の大きさに対してスクリーンの大きさが小さかったのと、小さなプロジェクターから流れる音声もやはり小さかったので、消防局のプレゼン映像には別接続のスピーカーがあればもっと迫力が伝わるだろうと思った。参考にしよう。

[`evernote` not found]

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

*