Amazonは育児の強い味方

DSC02922
新生児から乳児にかけては必要な消耗品が本当に多い。
紙おむつにミルクキューブにウェットティッシュ(後に脱脂綿に切替)などなど。
隙を見て食料品を買いに行くだけでも大変なのに、さらにそれらの消耗品を
定期的に買いに行くのは、積み重なるとこれまた大変だ。

最初はベビーコーナーを見てみたいのもあって、ドラッグストアに消耗品を買い出しに行っていたが
時間がもったいないのでAmazonを積極的に利用することにした。
ものによってはドラッグストアより安いし、送料がかからないものも多い。

そんなわけなので、今はお祝いの品も合わせて一日に4回も5回も宅急便がきてくれる。
やろうと思えば食料品から日用品までほとんどのものは取り寄せられるので、
辺鄙なところに住んでいる人、車を持たない人、シングルマザーの方などは大いに
助かっていることだろう。

それはつまり、辺鄙なところで車を持たないデメリットは大きく解消されて
メリット(土地が安い、環境がよい)の方が大きくなる、という時代がきている
ということなのかもしれない。

[`evernote` not found]

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

*