いなみころうどんを頂いてきた

img_1827
最近食料買い出しのお気に入りになっている、にいじろふぁーみん(稲美町)で「いなみころ」といううどんが気になっていたので、ランチがてら実店舗に行ってきた。

「ころ」というのは「香露」と書き、簡単に言うと香りのいいダシのことで、ここの名物のころうどんというのはそのダシにしっかり浸かったうどんのことだ。
イチオシの天ころうどんを頂くと、もちろん天ぷらが載っているわけだが、たっぷりの天かすがそのダシを吸って非常によく麺に絡んでうまい。
あまりにダシがおいしいので全部飲んでしまった(うどん、ラーメンはだいたい飲むけど)。

お店には休日の13時半頃行ったところ、昼時の混雑の最終組だったようで20分程度待つことになった。注文してからも20分くらい待った。
確かに味はおいしいのだが、個人的にはもう少しボリュームが欲しいところ。麺2玉(確か+250円くらい)でもよかったかな。

うどん以外の居酒屋メニューも工夫がこらしてあり、充実していた。うどん店のお隣には同系列のそばの店もあり、そちらも気になった。

[`evernote` not found]

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

*