その後のビルマ(ミャンマー)情勢

ビルマから国外へ出る旅客機はなく
軍政府は入国希望者にビザを発給していない。
つまり実質的鎖国状態だそうだ。
人々は軍に殺された人の葬儀をすることも
結婚式をすることも許されていない。
人が集まることが禁じられているのだ。
カメラを持って市街を出歩くことも禁止。
海外のサイトにネット接続することも禁止。
一般市民達は軍の命令に従います、という
内容に強制的に署名をさせられているらしい。
それだけ弾圧されて、
バスの運賃が月給の1/3
というような物価の下で
外圧以外に彼らを救う力はあるのか。
この国の政府は自国民が殺されているというのに
中国政府と仲良くしたいがために、ほとんど
沈黙したまま、である。
先に記したような状況を報道するメディアも
ほとんど、ない。

[`evernote` not found]

2 Comments
  1. そーかー。最近自分のことで精一杯でそういうこと考えてなかったなあ。テロとか軍の暴走で多くの人が命を奪われてるっていうのに一方では私腹を肥やしている輩がいる・・・。いつの世もそうだけど、許せないねえ。祈るわー。

  2. >りんも
    ビルマの人は敬虔だからいつも祈ってるよ。
    でもそれだけではどうにもならないことも
    あるんだね。それでも私たちには祈ることしか
    できません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

*