倒れるときは前のめり

とは言うものの、A-bikeは強烈に後ろ荷重なのですよ。
いつかは、歩いている人と同じ速度で話しながら
ゆっくり走っていると、いつの間にかひっくり返ってました。
重いリュック背負っている人も要注意です。

今日は久しぶりにA-bike通勤でした。
ふと、タイヤを見てみると衝撃の事実が!Sany0011

リアタイヤの溝がほとんどなくなっていたのでした。
これも後ろ荷重になっていることの証拠ですね。
走った後にタイヤを触ってみたことがあるのですが
リアタイヤはほんわか温かくなっていました。
大人の体重をこの小さなタイヤで支えているのだから
かなりの負荷がかかっているとは想像していましたが
ここまではっきりとその影響が表れるとは思っていませんでした。

パンク修理した時の苦労を思えば、ローテーションの作業は、
はっきり言ってしたくありません。。。

いけるところまでいったらどうなるんだろう。
いずれにせよ倒れるときは前のめりがいいな。
前だと手をだせるけど、後ろは後頭部を打つ可能性が
ありますからね。

[`evernote` not found]

2 Comments
  1. >ozunuさん
    ミニに乗る人もこんな感じで苦労してるんですかね。
    同じ英国製だし。なんとなく。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

*