脳と音楽 第二楽章『プラトンのオルゴール』

Spread the love

R0016872
会場:兵庫県立美術館 芸術の館ギャラリー
ナビゲーター:茂木健一郎

ゲストスピーカー:川崎和男(デザインディレクター、医学博士)

演奏家:スペイン・サンセバスチャンからの使者

九州大では入れ違いで、大阪の学会はドタキャンで
なかなか茂木健一郎さんにはお会いできなかったが、
ようやく神戸でその機会が実現した。

古代ギリシャ時代ではMUSICという言葉は音だけではなく
美しい女性のプロポーションなども指していたらしい。
MUSICの語源となったMUSEは音楽・舞踏・学術・文芸
などを司るギリシャ神話の女神のことだ。

第一部では、スペインからわざわざやってきて頂いた
二人の美声とピアノの旋律に聞き入った。
噂に聞いていたデザインディレクター川崎和男さん
ぶっとんだプレゼンに引きつけられ、二重奏のような
茂木さんと川崎さんの対談は流れるように進んで行った。

川崎さんは、美しい音楽は肌から沁み入って
人間に影響を与えるというようなことを言われていた。
この日、私達が目や耳で経験したことも
日々の生活で経験していることも、すべてMUSICとして
体に取り込まれているのかもしれない。

最後に茂木さんは、最近の著書や講演で触れているように
日本の閉塞感について述べられた。それを打破するためには
居心地のよい人たちとばかりいてはいけない。一緒にいて
心がざらついたり、違和感を感じるような人とつきあう
ことも大事だというような言葉が印象に残った。


2 comments to “脳と音楽 第二楽章『プラトンのオルゴール』”
  1. こんばんは。
    >居心地のよい人たちとばかりいてはいけない~~
    のくだりは身につまされます。
    最近それに近いことを思ったことがあったもので・・・・。
    来週末も御一緒できなくて残念ですが、
    近く是非お付き合いくださいね。。

  2. >ごるさん
    自分で成長の幅を狭めないようにしたいですね。
    ところで、寝るの遅くないですか?
    近く走りましょう、是非に。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

*