Nobody’s perfect

Spread the love

R0021165

信号待ちで隣にビッグスクーターに乗ったカップルがいて
彼女がジャージ姿で後部座席に座り、
紙パックのコーヒー牛乳を飲んでいた。

1車線挟んだ向こう側の車の助手席の人も
その彼女に視線を注いでいた。

すると彼女は、足下に紙パックをポイと捨てて
青信号とともにその場を走り去って行った。
あっという間の出来事だった。

奴らは飛ばすので、ゴミをもっていって
「ちゃんとゴミ箱に捨てんかいや」
と言ってやることもできん。

困った連中だぜ、と思って走り出し
次の信号で止まった時に
ツイッターのTLを眺めていると
次のようなツイートが目に留まった。

神は、我々を人間にするために、何らかの欠点を与える。

[ウィリアム・シェイクスピア]

多分、ちょっとした心の持ちようで世界が変わるんだろうな。
注意される側も、注意する側も、ただ苛立を募らせる側も。

せっかく気持ちよく走っていたので
心を乱されないように集中することに決めて
再び走り出した。

2 comments to “Nobody’s perfect”
  1. どうしようもない奴らのおかげで、私もいらいらする時があります。
    最近「ポイ捨て」「不法投棄」が目に余ります。
    「親の顔を見てみたい」と思うほどです。
    「この国の民に道徳はあるのか?」と怒る毎日です。(笑)

  2. >とめさん
    その怒る気持ちはわかります。
    道徳というのは経済状況に大きく左右されるものではないか
    と最近思います。
    また、登場したようなポイ捨てをするような連中は
    親にちゃんと育ててもらってなくて、心の中は
    とても寂しいんじゃないかと思います。彼らは
    その寂しさを紛らわすために性交渉をする時期が
    早まるそうです。心が貧しいままに子供を産むために
    ここ最近報道されているような悲劇が起こっている
    という構造ではないかと。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

*