【雑記】山中教授のノーベル賞受賞に思う

nobel museum
photo ストックホルムのノーベル博物館にて

京大の山中教授がノーベル生理医学賞を受賞された。
本当に素晴らしいことだ。
久しぶりの明るいニュースだ。



昨年たまたまストックホルムでノーベル博物館に立ち寄る機会があった。
海外で日本人の功績が讃えられているのを見ると、日本人であることを誇らしく思える。
あそこに、また山中教授の名が連ねられると思うと、本当にうれしい。

受賞の報を聞いて思ったのは、まだまだ日本には底力があるなということ。
そして、日本が世界と勝負するには、こういった才能ある人を数多く育み、
産業に結びつけていく、そのための戦略が必要だろうということ。

山中教授個人のお話を聞いて印象に残ったのは、臨床医としての道が
自分には向いていないと途中で気づいて、基礎研究の道に進み、
そこからこの度の成果に結びついたということ。

我々夫婦ともども、これまで選んで進んできた道が本当に自分に合っているのか、
これからもこのままでいいのか、考えているところだ。山中教授のように、
自分を客観的に見つめ、自分の進む道を選びとっていきたいものだ。



(´-`).。oO(うちの嫁さんもノーベル賞とってくれへんかなぁ)

[`evernote` not found]

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

*