自転車歴20年の相棒たち その6:De Rosa avant

初めての新車のロードは、DeRosaのavantというカーボンバイクだった。
前年のサイクルショーで出会って一目惚れし、注文して5ヶ月後に届いた。

どうしてDeRosaなのかというと、やはりヒロチェが最初に
買ったスチールのDeRosaの影響があった。
あれは重いけどよく走った。
「イタ車はおもろいで」という言葉はホンマやった。

これまで乗ってきたスチールやアルミのフレームに比べると、
力が逃げているかのようなふわふわ感があるけれど、メーターをみてみると
思った以上にスピードがでているという不思議なバイクだった。

la Marmotteをピークとして、数多くのグランフォンドを走った。

f0127851_21135177

[`evernote` not found]

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

*