生姜醤油で食べる姫路のおでんはうまかった

IMG_2440

劇団天狼星計画の『野良犬の首輪』を楽しませて頂いた後、
姫路おでん公式サイトに載っていたおでん屋へと向かった。
姫路ではおでんを生姜醤油で食べると聞いていたので、
一度食べてみたかったのだ。

いくつか閉店と満席で入れず、ようやく辿り着いたのが「大橋」というお店。
よくしゃべる店主によると、写真のタコをおいしく食べるために始めた
生姜醤油がいつの間にかおでんに拡大されてB級グルメに持ち上げれらたのだとか。

実際はすりおろしたての生姜と、新潟から取り寄せているという出汁醤油で頂く。
これが本当に風味が良くて、おでんの味が引き立ち、酒が進んだ。

店主夫婦の会話に博多弁らしきものが混じっていたので聞いてみると
なんとおふたりとも九州出身で、店主が通っていたのは私の嫁の大学のご近所の
大学で話が盛り上がった。

それなりに食べて飲んだら、二人でそれなりのお値段はした。
ついつい先日行ったサンセバスチャンのバルの価格と比較してしまうのだけど
ゆっくり腰を落ち着けて飲むならそんなもんかなぁ。

店が集積していれば、集客が期待でき、回転率もあがるから
客単価を抑えても収益が上がるというビジネスが成り立つのか。
それとも安くでうまい店をがんばって運営していれば
客数が増え、いずれ店が集積していくのか。
いや、本当にサンセバスチャンはうまくやっているな、と改めて思ったのだった。

[`evernote` not found]

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

*