2014私的Best3 本編

1.Makerムーブメント宣言

Makerムーブメント宣言 ―草の根からイノベーションを生む9つのルール (Make: Japan Books)Makerムーブメント宣言 ―草の根からイノベーションを生む9つのルール (Make: Japan Books)
Mark Hatch,金井 哲夫

オライリージャパン
売り上げランキング : 22810

Amazonで詳しく見る by AZlink
レーザーカッター、CNCミリングマシン、3Dプリンターなどの工作機械や、CADソフトウェアなどを備えた会員制工房(メイカースペース)として知られる「TechShop」のCEOによる書籍。アメリカのメイカームーブメントの本質がどんなものかがわかる。Techshopの存在に加え、オバマ大統領が全米の小学校に3Dプリンターを配置すると言ったこともあり、アメリカのモノ作りの底力がこれからあがってくるだろうことは想像に固くない。この本に刺激を受けて、神戸の同じようなスペースを見学したり、Makerバザールなるものに顔を出したりしてみたが、残念ながらこの本で感じたような熱を感じることはなかった。まだまだこれから、というところだろう。

2.2035年の世界
2035年の世界2035年の世界
高城 剛

PHP研究所
売り上げランキング : 328

Amazonで詳しく見る by AZlink
世界を移動しながら仕事をしている著者が、各国で最先端の研究機関、研究者、学者、技術者らと出会い、導き出した20年後の未来を描いた一冊。スマホがこの数年であっという間に普及したように、2035年はあらゆる分野で想像もつかない新しいことが起こっているだろう。未来の萌芽を読み取って心の準備をしておくことは大事だと思う。

3.ゼロトゥワン 君はゼロから何を生み出せるか
ゼロ・トゥ・ワン 君はゼロから何を生み出せるかゼロ・トゥ・ワン 君はゼロから何を生み出せるか
ピーター・ティール,ブレイク・マスターズ,関 美和,瀧本 哲史

NHK出版
売り上げランキング : 16

Amazonで詳しく見る by AZlink
トップの大学を出てトップの弁護士の仕事をしたところで毎日書類の山と格闘するだけの日々で、いくら高給をもらえるとしてもそれでいいのか?と著者は煽る。0から1を生み出すような意義のある仕事に携わる、アメリカの真に優秀な人達の事例をあげて起業の心得を説く。著者の母校スタンフォード大での講義録。

[`evernote` not found]

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

*