【本】僕らが毎日やっている最強の読み方;新聞・雑誌・ネット・書籍から「知識と教養」を身につける70の極意/池上 彰,佐藤 優

僕らが毎日やっている最強の読み方;新聞・雑誌・ネット・書籍から「知識と教養」を身につける70の極意僕らが毎日やっている最強の読み方;新聞・雑誌・ネット・書籍から「知識と教養」を身につける70の極意
池上 彰,佐藤 優

東洋経済新報社
売り上げランキング : 66

Amazonで詳しく見る by AZlink
タイトル通り2人の知識人が如何にして文字のメディアから情報を得ているか、そのソースと読み方が紹介されている。新聞や書籍に関してはおおよそ想像通りだったが、ネットに対してどのように接しているのかに興味があった。

ネットはずばり「上級者のメディア」だという。そこにある情報の選別にはかなりの知識とスキルが必要ということで2人の意見が一致していた。ネットは無料で多くの情報が得られ、発信する側にもなれるという良い面もあるが、書籍や新聞にある「編集」と「校閲」の機能がないために玉石混交になっているという。無限に広がるそんなネット上の情報に大切な時間を奪われかねないので、「ネット断ち」をするなどしてその利用には制限が必要だとの見解には考えさせられた。

よいアウトプットにはよいインプットが必要であり、お二方が如何に良質のインプットのためには時間とお金と努力を惜しんでいないのかがよくわかった。

[`evernote` not found]

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

*