電車をおりれば雲の中のような濃霧


昨日は神戸で夕方からミーティングで食事をしてから12時前くらいに加古川に戻ったところ、電車を降りた途端に真っ白な煙が目の前を次々と通り過ぎていった。改札を出て外に出ると、そこはまるで温泉の中を歩いているような霧(写真にはうまく写らない)と湿度で、街灯が幻想的に光っていた。しばらく歩くと髪の毛はべっとり。洗濯物をしまっておいてよかった。。

[`evernote` not found]

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

*