整骨院へ行った

cycleroadrace
実はこのところ、左肩の調子が悪く、何かを持って
水平に上げたり腕を開いて腕立てをしたりという運動
をしようとするとかなりの痛みがあった。
放っておいたら治るかと思ったが、年を越しても治らない
ので時間をみつけて整骨院に行ってみた。
「自転車に乗っている割に、上腕の筋肉が少ないですね」
左腕の肩から腕にかけての筋肉を触って先生はそう言われた。
肩には肩の筋肉があるのかと思っていたが、いわゆる「二の腕」
と呼ばれるところの大きな筋肉の先は、腕の前側から肩の関節を
通って肩の裏側まで伸びているらしい。私の場合、筋力が弱いので
長時間自転車に乗ると、その筋肉の付け根あたりに負担が大きく
かかって炎症を起こすのだそうだ。
対策として以下の3点を挙げられた。
・無理に動かさない事
・温めること
・腕を開く側と閉じる側の筋肉を鍛える事
寒いので上半身に力が入って日常もバイク乗車時も
姿勢が崩れていたのもあるのだろう。
筋力が落ちた状態で負担がかかり筋肉や関節の炎症が続くのが
いわゆる●十肩と呼ばれるものだそうだ。
原因が分かると少し安心した。この冬は距離をかせぐだけでなく
上腕の筋力をつけることも課題としよう。

[`evernote` not found]

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

*