Lyon

R0020285
photo:グルノーブル駅前の風景

la Marmotteの激戦を終えた我々は、翌日チェックアウトリミットが
12時だということを確認するや、ギリギリまでくたばっていた。

フロントの美しいフランス人女性に精算の処理をお願いしながら
「グランドンとガリビエとラルプデュエズを走ってきたんですよ」
と話しをすると、
「それは素晴らしいわ!ここにきたなら、そのあたりの峠を
走らなきゃね。よくがんばったわね。」と。

日本だと同じようなことを話しても
「想像がつかない」「なんでそんなことするの?」
ひどいのになると「頭おかしいんじゃないの?」
などと言われるが、ここはフランス。
一般の方でもサイクリストに対してリスペクトがある。
そこにはジテンシャの文化がある。

R0020457

高速を飛ばしてリヨンへ向かう。
ヒロチェは有休が1日しかとれなかったので
今日でミュンヘンに戻らなくてはならない。

道路上はバカンスに向かう車がいっぱいだ。
写真のように、かなりの確率で車にジテンシャを積んでいる。
涼しいところでジテンシャに乗るのは気持ちいいだろう。

そういえば、サッカー日本代表の松井大輔は所属のグルノーブルから
リヨンへ移籍するかもしれない。遠きにありて日本人。
どこへいったとしても、がんばってほしいものだ。

R0020459

ヒロチェは限界zzz
転勤のドタバタの直後だというのに、よくがんばった。

Img_0933_2


やってきたのはここ。
リヨンはパリに次ぐフランス第二の都市であると同時に、
世界に名だたる「食通の街」だということなので
おいしいランチを頂こうというわけだ。

大きな川が流れる中心地の雰囲気はパリに似ている。

ちなみに、「星の王子様」の著者、サン・テグジュペリは
このリヨンの出身だ。2000年に生誕100周年を記念して
空港の名前がサン・テグジュペリ空港に改名された。

R0020463

レストランの立ち並ぶ通りにやってきた。
どの店に入るかは二人に任せよう。
ガッチとヒロチェはうまい店を探し出す嗅覚が本当にすごい。

R0020481

これだ!と思うお店に飛び込んだ。

気持ちのいい天候なので、外の座席で頂くことに。

R0020468
まずはレバーのサラダ。

R0020474

リヨンの名物はザリガニくん!じゃなくてカワカマスです。
私はせっかくなので地元の食材を頂くことに。

R0020475

ヒロチェは本場のタルタルステーキを。
これが朝鮮に伝来してユッケになった。
生肉食べて、元気をだそう!というわけ。

R0020477

ライスもトマトとハーブを添えれば彩りがいい。

R0020479

ガッチが頼んだ大きなソーセージの中はモツだった!
大阪のモツ料理は安いうえに非常にレベルが高いが
ヨーロッパでも、モツ料理はポピュラーであり、うまい。
日本とモツの扱い方が違うところがまた面白い。

ただ、濃厚なソースとあいまった独特な匂いが
ガッチにはだめだったようで、私のカワカマスと交換。

R0020471

いやあ、最後のラルプデュエズは本当にきつかったよねぇ
なんて昨日を振り返りながら、おいしい料理とワインを頂く
至福のひととき。

一晩たって、ようやく打ち上げだ。
昨日の夜は疲れきって、そんなどころではなかった。

R0020483

本場のスイーツはもちろんうまい!
ラム酒でひたひたのケーキに生クリームをたっぷりかけて頂く。

普段は食べ物の写真はあまり撮らないけれど
旅先では撮るのが楽しい。

R0020480

リヨン最高!

「食通の街」ということで、有名なポール・ボキューズの支店なんかも
近くにあったそうだけど、時間がない中で選んだお店でも
十分においしい。そしてリーズナブルプライス。

金をだせば、うまいものが食べられるのは当たり前だが
本当にうまいものが、手軽に口にできるのは、それが文化だからだ。
リヨンの人々が、それを求め続けてきた結果なのだ。
では、我々日本人が求めているものは、何なのだろう。

R0020488

美しい街並み。

R0020492

ここは有名な広場らしい。
ゆっくりとリヨンの街を楽しみたいところだけど
私たちの時間は限られている。

R0020499
そして、車を飛ばしてサン・テグジュペリ空港へ。
ヒロチェ、Salut !(またね)!

Salut, Lyon!
その後、私とガッチは車を飛ばして
一路ブルゴーニュへと向かった。

続く

[`evernote` not found]

One Comment
  1. Pingback: ZUZIE's blog | la Marmotte vol.7 -à L’Alpe-d’Huez(1860m)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

*