犀の角のようにただ独り歩め

Sai
photo:2005 Musée d’Orsay

林の中で、縛られていない鹿が食物を求めて欲するところに赴くように、
聡明な人は独立自由をめざして、犀の角のようにただ独り歩め。

四方のどこにでも赴き、害心あることなく、何でも得たもので満足し、
諸々の苦難に堪えて、恐れることなく、犀の角のようにただ独り歩め。

寒さと暑さと、飢えと渇きと、風と太陽の熱と、虻と蛇と、
これらすべてのものにうち勝って、犀の角のようにただ独り歩め。

〈犀(さい)の角(つの)〉(『スッタニパータ』より)

—–

「犀の角のようにただ独り歩め」
この言葉を信条としている自転車仲間の盆栽屋ヨシダさんが、
独立されてもうすぐ「盆栽自転車店」をオープンされる。

「ただ独り歩め」とはいうものの、ヨシダさんには素敵な奥様が
いらっしゃる。素敵なセンスをお持ちのお二人がどんなお店を
開くのか、とても楽しみだ。

その成り行きは彼の超絶ブログで是非チェックして頂きたい。

最後に『スッタニパータ』からもうひとくだり。

もしも汝が、賢明で協同し行儀正しい明敏な同伴者を得たならば、
あらゆる危難にうち勝ち、こころ喜び、気を落ち着かせて、彼(彼女)とともに歩め。

盆栽屋ヨシダさん、ナツキさん、応援してますよ!

参考:茂木健一郎さんの連続ツイート【続けることで変わってくる】
みんな、がんばろう

[`evernote` not found]

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

*