【Tech】Airmac ExtremeにつなげたUSBハブ経由の外付けHDDの接続が頻繁に切れる件



この構成、外付けHDDをダイレクトにAirmacに接続したときは問題ないのだが、
USBハブを経由すると、特にMacをスリープから復帰した後に、外付けHDDが
見つからなくなる(接続が切れる)という問題が頻発していた。

これではMacbook AirのSSDの容量を少なくして、データはできるだけ外部に持たせる
という計画が破綻してしまう。Airmacを再起動すれば直るのだが、しょっちゅう
やるのもバカらしい。しかも再接続のたびにiPhotoでデータベースの再構築が
実行されて、これがなかなか時間がかかるので、ブログを書く気が失せる。

原因を調べたところ、バスパワーのUSBハブではだめで、セルフパワータイプ
(USBハブに電源がついているもの)でかつ、NEC製IC搭載のものにするとよい、
と書いてあったので導入することにした。

さてどうなることか。

iBUFFALO USB2.0ハブ  【ドラゴンクエストX動作確認済】4ポートタイプ(ACアダプター付) 簡易パッケージモデル【パッケージのゴミを削減でき、環境に優しい簡易パッケージ仕様】 ホワイト BHB4U2A11WHC iBUFFALO USB2.0ハブ  【ドラゴンクエストX動作確認済】4ポートタイプ(ACアダプター付) 簡易パッケージモデル【パッケージのゴミを削減でき、環境に優しい簡易パッケージ仕様】 ホワイト BHB4U2A11WHCバッファロー
売り上げランキング : 931

Amazonで詳しく見る by AZlink
 

[`evernote` not found]

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

*