【旅】料理のうまい宿 琴平の紅梅亭

連休中ということで、なかなかいいお値段の部屋しか
空いてなかったのだが、嫁さんがかねてから希望していた温泉旅行と
バレンタインデーとホワイトデーをあわせて贅沢することにした。

到着するなり、結婚式で賑わうロビーで抹茶を振舞われ
華やかな雰囲気に気分が高まったが、通された最上階の部屋は
特段広いでもなく豪華でもない、至って普通の和室だった。

しかし驚いたのは夕食だった。
普通の宴会料理かな‐と思っていたら、細々とした皿の
何を食べてもうまい。そしてメニューにも工夫がある。
うどんは当然出る。
こんぴら雪鍋
これは、こんぴら雪鍋。
かぼちゃの出汁に、卵白のムースが載せてある。
ふんわりとして、味わい深く、とてもおいしかった。

朝もこれまでにみたことのない朝ごはん。
こんぴらさんの裏の地域で収穫するという米がとにかくうまい。
昨夜のご馳走で腹いっぱいで、もう食べられないかと思っていたが
あまりにもご飯がおいしいので食べてしまった。
そして当然うどんも食べた。

非常に優秀な料理長がいらっしゃるようだ。
食べるものが美味しいと本当に幸せだ。
部屋と温泉には特筆するものはなかったが、過剰な注意書きなどがなく
清潔で、気持ちよく過ごすことができた。
いい宿だった。

[`evernote` not found]

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

*