姫路城で厄祓い

DSC04377
正確に言うと、姫路城敷地内の護国神社です。
姫路城はアジア系の観光客で賑わっていたが、すぐ近くのこの神社には誰一人観光客らしき人はいない。こういう場所こそ、日本文化の真髄があると思うのだが。私も海外で同じようなことをしているのかもしれない。それはそうと、今年は後厄なのでしっかりお祓いをして頂いてすっきりした。娘は「ご低頭ください」のお声も聞こえないふりでずっと神主さんの動作を食い入るように見入っていた。おとなしくしていたので、儀式のあとにおやつのご褒美を頂いた。

厄祓いでデトックス効果があったのかしらないが、このあとひどい腸炎になって出すものは出しきった。この歳になると高熱が身に堪えるというか、身動きできなくなった。病に伏せると健康の有り難さが身に染みる。

DSC04363
改装の終わった世界遺産姫路城(別名:白鷺城)は遠目で見ると確かにきれいになったが、なんとなく瓦が白っぽくなったような。汚れがたまったお城を見慣れていたせいだろうか。それにしても世界遺産があるというだけで、この時期にあれだけの人が押し寄せるのだからすごいものだ。

[`evernote` not found]

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

*