めまいで2日間倒れていた

Spread the love

楽しみにしていたオケの練習と暑気払いの飲み会の当日、朝寝床から起き上がろうとすると、ものすごいめまい。「おー、くらっときたぜ」と少し待って再度起き上がろうとすると再び。これはもはや起き上がれないレベル。何度か挑戦しているうちに気分が悪くなって、吐いた。タイムリミットの昼まで回復を待ったが治らず、断念。翌日、義理の妹の助けを借りて耳鼻科で診察を受けると「良性発作性頭位めまい症」とのこと。人間は半規管の中のリンパ液の流れで平衡感覚を保っているが、そこに耳管から剥がれ落ちた耳石というものが紛れ込むと、リンパ液の流れがおかしくなってめまいがするらしい。断定されたわけではなくて、血圧とか眼振とか脳の具合とか色々チェックして消去法で、おそらくこれだろうという判断。耳の血流をよくする薬と漢方をもらって、その日もう一日寝て過ごすと、翌日だいぶよくなって社会復帰できた。

IMG_7295

IMG_7296

IMG_7297

めまいがひどいと、原因がわからない場合非常に怖いのでパニックに陥る場合もあり、抗不安薬が処方されることもあるのだとか。原因がわからないと不安になるが、内科にいったところで、最終的に耳鼻科のチェックを受けるよう指示されるらしいので、もし同様の症状が起こった場合はとにかく耳鼻科に行くとよいだろう。

良性発作性頭位めまい症といい、尿管結石といい、私は石ができやすいらしい。そして、見た目が派手な症状の割には命にはまったく別状がないので、周囲の医療従事者には「まあ、大丈夫やろ」と言われるのがなんか腹がたつ。本人は「もう二度と症状が起きてほしくない」と強く願うくらい、ツライんだけどねえ。まあ死ななけりゃ、いいか。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

*