NordiskのAsgardというテントで約20年ぶりのキャンプ、しかもソロ

Spread the love

IMG_1355
この夏久しぶりのキャンプを予定していて、ファミリーで使えるようなテントを探して紆余曲折の末にたどり着いたのがこれ。デンマークのNordisk社のもので、特徴は化繊ではなくポリコットンという混紡繊維を使っていることと、ワンポール型といってセンターに太めのポールを立てて、あとは周囲に張力をかけて外観を形作るタイプだということ。

選んだ理由は、テント生地の独特の風合いと外観が気に入ったから。国内では少し価格が高いようだったので、ドイツのOutdoorFair.deというサイトから購入した。オーダーから1週間くらいで届く。

テントの設営は、他のユーザーさんのサイトをあちこちみて予習していったのだが、諸般の関係で現地についたのが18時過ぎで、夏とはいえどんどん日が沈む中で初めての作業をしてめちゃ焦った。ジップインフロアとテントをジッパーで接合する際にジッパーの頭の位置がなかなか見つからなかった。入り口と対角線の反対側にあるのね。結構時間がかかってしまったが、次回は大丈夫だと思う。

フロアのペグは最初は仮止めで、テントを取り付けてから正しい方向とテンションでダウンするときれいに仕上がると思う。フロアの下にさらに別のシートを敷いて、汚れや破れを防いでいる例を見るが、まあこれだけフロアが分厚ければいらないんじゃないかと。ただでさえフロアは重いので、それ以上重い物を増やしたくないというのもある。

IMG_1372
自然の中に馴染む佇まい。

IMG_1357
夜中にテントをゴソゴソするやつがいるとおもったら、翌朝犯人が判明。君だったのね。

IMG_1380
翌朝はこれをやってみた。フロアとテントのジッパー接合を解除して、壁面をロールアップするとこうなる。低いタープのような感じ。虫がいない時期にはいいかも。

IMG_1363
ロールアップにも使わなかったこのストラップは何に使うのかな?ユーザーの方教えてください!

朝は結露もなく、テント内はムシムシすることもなく、快適に過ごせた。化繊テントに比べて匂いもケミカルな感じがなくていい。これから存分に使っていこう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

*