【食】「北野坂 奥」でつけ麺を頂く


三ノ宮で用事のついでにうまそうなラーメン屋を物色。ふと目に止まったのがこの店。用事を終えて向かってみると、iPhoneが示す場所には横浜ラーメンが。潰れたかな?と思って住所を確認するとB1とあるので、回り込んでみると地下に降りる階段が。降りて奥へ向かうと隠れ家バーのような佇まいでその店はあった。

オススメどおりチャーシューつけ麺をオーダー。ランチタイムは大盛り無料なので大盛りにしたけれど、写真ではそう見えない。でも結構なボリュームだった。スープはとんこつ系ベースに魚介の旨味がぎゅっとはいった感じ。麺は国産小麦の自家製麺。つるっとした喉越しで極端なモチモチ感やクセがない味わい。ノーマルでもスープに角煮のような大きさの肉が入っていて、さらに分厚く大きなチャーシューが3枚載っていた。

器も雰囲気と工夫がありいい感じ。驚いたのはお茶のやかんの鍋敷きがSTAUBのフタで、スープの入れ物がSTAUBだったこと。スープが冷めると希望すれば温め直してくれた(隣の兄ちゃんにならった。外には順番待ちのイスがあったが、この日はすんなり入れた。土日は行列するのだろうか。今日は学生さんが多かったようだ。大盛りは私には結構なボリュームだったが、最後はスープ割りまでいただいて満足。場所が場所だけに一見さんは少ないかもしれず、ちょっと知っておくと飲み会の締めで使えていいかも。

[`evernote` not found]

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

*