キーボード交換プログラムに該当したMacbook pro を修理へ

ふと目にした以下の記事。

MacBook/Proのキーボード無償修理プログラムが発表。2015年〜2017年製造モデルが対象 – Engadget Japanese
アップルがMacBookおよびMacBook Proの一部のモデルに、キーボードの不具合が現れる場合があるとして無償修理プログラムを発表しました。

該当するモデルにて例示された症状が現れた場合は、無償で修理してもらえるとのこと。また、プログラムの適用は最初の小売販売日から4年以内との期限が設けられています。

思い当たる症状があり、調べると該当機種だったので、サイトをたどるとあっという間に修理予約に行き着いた。大阪の心斎橋のアップルストアまで出向かなくても、姫路駅直結のピオレの中に修理受付があるという。行ってみたところ、丁寧に案内されて、受け答えをしたあと、MacBookの外観をチェックしてもらうと、別のプログラムにも該当する可能性があるという。

結局お預かりになり、早くて数日だというのでとりあえず預けたら中二日で仕上がった。

結局キーボードが新品になっただけでなく、ひび割れていたディスプレイはユニットごと新しくなり、音割れしていたスピーカーも新しくなり、ほぼ新品同様になった。天板にいろいろステッカーを貼っていたのが廃棄された(事前に電話確認あり)のなんてどうでもいいくらい、スカッと気持ちがいい。

自分の不注意で部品交換となる場合はかなり高額になるというウワサだが、交換プログラムは無償だし、他のプログラムへの該当もチェックしてくれるので、ためらわずに出してみるといいだろう。ただ、修理の間メインマシンが使えないことになるので、こういうときにサブ機とかiPad Proの存在が大事になってくるわけだ。うまくできている。

[`evernote` not found]

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

*