ゴミステーションの害獣対策

Spread the love

町内のゴミステーションのボックスが老朽化したので、ネットタイプに交換したところ、害獣の被害を受けるようになってしまった。
ゴミ袋が引っ張り出され、内容物が散乱し、ボランティアでごみ収集後の清掃をされていた方が音を上げてしまった。
犯人はコイツ、かいっぺん別の場所でみつけたヌートリアか。


ボックスタイプのゴミ入れは4万から5万と結構高価で、会長にかけあうと廃材で作りますとのこと。
ところが、その廃材がなかなか入手できないので、しびれを切らしていたところ、公民館の敷地内で廃材を発見し、それを利用することに。

適当な大きさにちょんぎってタイラップで巻くだけ。これで折りたたみできるし、サイドからの攻撃にも備えは万全。



折りたためばこのとおり。



上からネットをかければ、上の防御もばっちり。

これで害獣被害はぱたっとなくなりました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

*