通勤パンクチャ

Spread the love

雨も上がっていつものようにスイスイとペダルを踏んでいた。
西宮あたりで前方に通勤レーサーを発見し、
徐々に近づいていったろころでリアがゴロゴロゴロ。。。
あちゃーパンクかよ。

R2沿いで店を広げるのは人目が多くて恥ずかしいので
少し歩いて、とあるマンション前の公園でパンク修理。

サイクルロードレースの中継で雨の降り始めが
パンクしやすいと解説者が言っていた。
雨の中だと路上のゴミはタイヤ表面から水で洗い
流されるが、降り始めや乾きかけの時には
ゴミがタイヤに張り付いて、場合によっては
ガラス片などがささってしまうことがある。

タイヤの表面をチェックすると無数の傷が。
そしてチューブを引き抜いた後のタイヤ裏を
手でなぞるとあったあった。
7mmくらいのガラス片が貫通してひっかかっていた。
こらパンクしますわ。

コンチネンタルの時は破片が貫通することはなかったが
どうもミシュランPRO3はコンパウンドが柔らかいのか
切り傷に弱いようだ。
Img_0583

復路にシルベスト 梅田店でCO2ボンベを購入。
スタッフお勧めのTNIのやつにした。
今日は曇りだったからよかったけど
真夏の炎天下でポンプシュコシュコするの
嫌だからね。このボンベ、CO2が詰まっている
わけだが意外と重い。荷物の軽量化を進めていた
ところだったが仕方が無い。

シルベストでインフレーターをお借りしてリアの
空気を入れ直していると客に声をかけられた。
宝塚から日本橋までの30kmのジテンシャ通勤を
検討中だと言う。
いろいろとお話させて頂いて楽しかった。
ベストな1台を見つけて是非実現させて欲しい。

today:60km
this month:645km

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

*