小豆島一周と書いて”あずきいち”と読む

Dsc00043
淡路行きのフェリーと違って、小豆島行きのフェリーでは
自転車にも車止めが使われるんやね。
そして、ローディーには乗船時にスリッパが渡されるのか。
ふむふむ。

Dsc00046
PedalさんとHirxさんと小豆島にやってきた。
最近乗れてないHirxさんと、たまには距離を走ろうという企画だ。
天気は夏空!快晴!

それにしてもフェリーにローディーは我々3人だけだったなあ。
淡路とえらい違いだ。乗船料が高いからか?(片道1900円也)

Dsc00049
淡路との違いは、外周路が平坦ではなくアップダウンの連続だということ。

Dsc00048

この影の濃さ。じりじりと真夏の太陽が照りつける。
暑さ対策はアームカバーとツインボトル、そして夏用のメッシュのキャップ。
無理をせずに暑さに体を慣らしつつ、じんわり走る。

Dsc00050
同じ瀬戸内でも須磨のあたりとは色が違って見えるのはなぜだろう。
こんなに綺麗な海と砂浜が広がっているのに、ひと気がほどんど
見当たらないのはなぜだろう。

Dsc00056

休憩では水分、カロリー、塩分をしっかり補給。

Dsc00067

Dsc00070
外周も内陸部も、半島も本当にアップダウンだらけ。
淡路に比べると小さな島だけれど、これはビギナーには厳しいかも。
こんなところを炎天下で走ろうというのは我々だけなのか。

Dsc00072

Pedalさんは上りでも平地でもガンガン前を引くし、
がっつり食べるし飲むし、私が暑さで写真を撮る余裕が
ないときでも、チャンスを逃さずカメラを構えるし、
本当に恐れ入りました。。

Dsc00079

素麺が有名な小豆島ですが、おいしいうどんを頂きました。
もちろん、地元の名産の醤油を使っております。

Dsc00082

Dsc00085

食後にマルキン醤油では醤油アイスと醤油サイダーを頂きました。
あまりに暑くてアイスはあっという間に溶けた、、、
サイダーは微妙な味だけど、これだけ暑けりゃ冷たいものはなんでもうまい。

Dsc00089

島がそれほど大きくないので、あっという間にほぼ一周してしまったので
ランチの後に、寒霞渓にアタックすることに。一番暑い時間帯だったけれど
無理をせずにいけばなんとかなるだろう、との考えが甘かった、、、

Dsc00094

この上りは本当に厳しかった。
真上から太陽が照りつけ、木陰はほとんどなく、
途中で休憩と涼を求めたレストハウスはクローズしていた。
まとわりつくような熱い空気に体力を奪われ、シャッターを切る
元気もなかった。

山頂近くになってようやく気温が下がってきたところで
気持ちも体も持ち直した。

Dsc00099

エエ歳して写真でピースもないもんだが、
この炎天下でこんなところまでチャリでやってきた
アホなおっさんだぜv( ̄Д ̄)v イエイ、ってことで。

ほんまよう走りましたね。
コースもコンディションも走り応えがあって楽しかったです。
またいい時期に走ってみたいですね。

ママチャリで一周?しようとしてた彼らは達成できたのか、ちょっと心配です。
この時期だから?かもしれないけど、こんなに遊泳客も観光客も少なくて
小豆島の観光収入はどうなっているのか、こちらも心配です。

なにはともあれ、またくるよ、小豆島。

[`evernote` not found]

10 Comments
  1. 夏の小豆島はそんな感じなんやね。私はむかーし秋に行きました。寒霞渓は紅葉のめっか。その時はフェリー乗るのも大変やったような?

  2. 今の淡路はサイクリストだらけ(特にビギナー)なので対照的でした。
    紅葉の時は賑わうんやろね。この時期でも寒霞渓山頂は涼しかった。
    また行ってみたい。

  3. 小豆島、エエですね〜!
    きれいな、良い写真。
    うどんが、気になります。こんど、家族で行ってみたくなりました。

  4. 真夏にはしんどいコースでしたね。ちょっと反省です(汗)
    たしかにあれで観光収入と言えるほどのものがあるのか?と
    心配にもなりますが,昔からお遍路たちを受け入れてきた
    おだやかなホスピタリティーに満ちた島なので,
    案外しっかり瀬戸内海に根を張った暮らしの成り立ちがあるのでは?と
    思います。
    ボクはいつか歩いてゆっくりお遍路しようとも思います。

  5. >ペダルさん
    素敵なコースのプランニングありがとうございました。
    確かに、こんなにアップダウンきつかったかなー
    と思うくらいでした。あの暑さなら仕方ないですね。
    後半曇って助かりました。
    自転車だと、なかなか地元の人のホスピタリティに触れるには
    宿泊でもしないと難しいかもしれません。お遍路も一度
    やってみたい気はします。
    また走りましょうね。

  6. なかなかきついサイクリング(トレーニング?)だったようで。。。
    それにしても、ペダルさんのハムから外腿の筋肉のすごいこと。
    明らかにレベルが違いますね。こりゃ乗鞍も期待できそうです。
    ご一緒できるように頑張らないと、、、

  7. >みっちょむ殿
    それはそれはきつかったんですよ。
    きれいな景色とは裏腹にアップダウンの連続なんで
    足を休ませる時間があんまりなかったんです。
    そして今季最高かと思われる暑さにジリジリと焦がされ
    風のない上りではうだるようでした。
    ペダルさんは本当によく鍛えてらっしゃいます。
    一方で私は去年年間で1000km!ほどしか走ってないので
    これじゃ皆についていけん!と慌てて鍛え直しています。
    みっちょむもまた走ろうね。

  8. 小豆島ライドいいねえ
    いつか一緒にいきたいなあ(あわいちも行かねば!)

  9. >ガッチ殿
    ういー、元気?
    小豆島いいよー。すんごいアップダウンでびっくりするよ。
    もうすぐバイクとウェア、シューズのセットが2つできるから
    何も持ってこなくても一緒に走れるぜー。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

*