fitbit charge2で詳細な睡眠分析が可能に

そのコンパクトさとアプリの使いやすさ、そして有用性から家族だけでなく親と兄弟も全員装着しているfitbit charge2。サイクリングでもいちいち胸に心拍ベルトを巻かなくても心拍の計測もできることもあって、すっかり手放せなくなった。そんなcharge2の解析ソフトがバージョンアップして、睡眠の詳細な分析ができるようになった。


以前は入眠、起床のタイミングと目覚めている時間程度の表示だった(それでも十分に役立った)が、これで深い睡眠、浅い睡眠、レム睡眠のレベルまでわかるようになった。お、意外と深い睡眠て少ないのね、とも感じるが、解説もちゃんとあって自分の睡眠サイクルの傾向が把握できるのは非常に興味深い。


30日間の平均の表示や、同性同年齢の参考値とも比較もできる。

睡眠の時間だけでなく、質までもライフログとして記録できるようになってきた。これからは睡眠データを保険会社に提出して、その結果により保険料が変動するということもあるだろう。なにより睡眠は自身の日中のパフォーマンスや健康リスクに関連するものなので、意識的な人はログをとってみるといいだろう。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

*