life is like a bike

Achtungbaby

U2の名アルバムのカバーがリリースされている。

Joshua treeで世界的な成功を収め、
続くRattle and Humでルーツ探しの旅にでた彼らが
このAchtung babyで戻ってきたときには
テクノロジーに大きく傾倒して生まれ変わっていた。

人がそれまでのスタイルを大きく変えるというのは
年を経る毎に難しくなるが、彼らの変わりっぷりは
あまりにも見事だった。痛快なくらいに。

あれから10数年の時を経て、カバーアルバムが
リリースされた。初っ端のZoo Stationを演奏しているのは
なんと、あのNINE INCH NAILSである。

非常に面白いカバーアルバムだけれど、やはり聴けば聴くほど
オリジナルの完成度が如何に高かったを思い知らされる。
いま聴き直しても、古臭さは微塵も感じられない。

Time is a train
Makes the future the past
Leaves you standing in the station
Your face pressed up against the glass
/Zoo Station

2011年という列車も、いよいよ終着駅に到着しようとしている。
素晴らしいアルバムを新しい解釈で聴き直して
今年という旅を振り返るのもいいだろう。

ちなみにAchtungというのはドイツ語で「気をつけて!」

(Ǎhk-to͝ong Bāy-Bi) Covered - Various Artists

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

*