バスクのセミナー後RCCOSKへ


ADELANTEというスペイン語教室で開催されたバスクを知る文化講座が開かれたのがちょうどRCCOSKの道路を挟んで向かい側だったので、帰りに立ち寄ってみた。

前回はフレチャのトークライブのときで、あまり店内を見られなかった。季節の変わり目でウェア類を見直すと、ウィンタータイツは薄くなってきていて、そろそろ更新時かなと思って、試着したいと思っていた。

コーヒーを頼みながら顔なじみのスタッフ、ケンちゃんに話しを聞くと、どうも製品ラインナップが大きく増えて、従来のラインナップも素材やカッティングが見直されたりでだいぶ変わっているという。

クラシックロングスリーブジャージも手にとってみると、だいぶ軽くなっていた。RAPHAキャップも2サイズ展開になっていて、M/Lを試してみると、私の大きめの頭でもこれまでのようにタイトな感じもなく気持ちよくフィットした。おお!これからの季節はジレもいいよね。タイツだけ更新する予定が、物欲がふつふつと。

それにしても、大阪駅周辺もガラッと変わったし、いつのまにかルクアからヨドバシにブリッジかかってるし、シルベストは移転してるし、Raphaの商品ラインナップは大きく変わってるし、いろいろと浦島太郎な気分になった大阪街歩きだった。

[`evernote` not found]

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

*