私が見たサイクルモード

昨日今日とインテックス大阪で開催された
サイクルモードをのぞいてきた。
注目したポイントをいくつかご紹介。
R0014953
マヴィックの超軽量ホイールは、なんとスポークが
リムの一点からハブを貫いて反対側まで一本になっている。
振れたらどうするのかな。
R0014955
トレックのマドンはデザインも構造も一新。
カーボン素材は三菱や東レなど日本のメーカーが
多く供給しているが、トレックは軍事使用レベルの
最高品質のものを上位機種に使用するため、米国内産の
カーボンシートを使っているらしい。
R0014956
トレックのスタッフが丁寧に説明してくれた。
R0014958_2
折りたたみや小径車も気になるところ。
ブースの数も試乗する人も増えてきた。
この自転車は年配の方が熱心にご覧になっていた。
ママチャリとは違う種類の気軽で楽しめる自転車もあるのだ
ということが徐々に浸透してきた気がする。
R0014959
マウンテンバイクの注目はGARY FISHERの
29er(=Two Niner)。なんと29インチホイルを履く。
当然の事だがタイヤの径が大きくなれば走破性はよくなる。
これは実際にトレイルを走ってみたい。
試乗のコースではそのメリットはよくわからなかった。
でも、乗ってみたいと思わせるアイデアだ。
R0014961
そして、我がデローザ!
新色オレンジのAvantが目を引く。
R0014960
Avantのシートステーのデザインが変更された。
R0014964
噂のキング3。
ビルダーのウーゴ•デローザ氏が大のマクラーレンファン
らしく、シルバーのモデルはF1マクラーレンと同じ塗料を
使っているとの事。ただ者ではないオーラが漂っている。
R0014965_2
デローザの流行は赤のリアエンド。
なかなかおしゃれ。
R0014966
ストライダにも試乗してみた。
クイックなハンドリングだが
なんとも楽しい自転車。
カラーもポップでたのしい。
R0014971
コルナゴはブースの作りからして違う。
高級ブランドのイメージ戦略が随所に見受けられた。
R0014977
cerveloに付いていたカーボンのサドル。
衝撃吸収はタイヤとホイルとフレームに任せる、ということか。
2〜30kmの距離だったら耐えられるかもしれない。
R0014978
cerveloのピスト!
これをフリーのついたシングルギアで組んでみたい。
シマノのブースで説明をする自転車仲間にも会った。
私は機械系出身なので、自転車関係の仕事に付く事も
できたわけだが、こういう場に来るとちょっと後悔も
感じないでもない。思わず自転車関係の求人票の前で
足を止めてしまった。。。

[`evernote` not found]

2 Comments
  1. 僕も日曜日に行ってきましたよ(^-^)ストライダ、凄い楽しい乗り物ですよね。輪行用に1台あってもいいかな?と思わす自転車でした。もうちょっと安くて、折りたたんでタイヤで転がすときにクランク回らなければ本気で欲しいですねぇ。

  2. >boku-chinさん
    あら、お会いしませんでしたね。残念。
    確か畳んだ状態で前に進む時はクランク回らなかったはず。
    あれに乗っているだけで楽しそうに見えますからね。
    いいな、と思いました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

*