ZUZIE ’s blog
Spread the love

紅梅
私は先月7冊の本を読んだ。
今日の帰り道に読んだ「週刊ダイヤモンド」
に登場する勝間和代さんは月に100冊以上も
読書するそうだ。
しかも仕事と育児をこなしながら、だ。
(さらに都内の移動はすべてロードレーサー!)
「オーバードライブ」という私の好きな
サイクルロードレースのマンガの登場人物が
「自転車の走り方にはそいつの人生がそのまま表れる」
というようなことを言った。
私には爆発的なパワーがなく、アタックするほどの力もなく
ただレースを走りきるのが精一杯だ。
知的生産活動においても、同じかも知れないと思った。
読書量が少ないとは入力が少ないということ。
入力が少なければ、すなわち出力も少ない。
企画書を書いても圧倒的な力がない。
ブログを書いても流れるように文章が書けない。
日本はOECD加盟国の2004年の労働生産性で比較すると
かなり低い。主要先進国の中では最下位だ。
現在の株価下落はこのあたりにも原因があるのかも知れない。
人は人だとか、競争じゃないとかいう考え方もあるけれど
私はこのままでいたくない。
茂木健一郎さんのように
「知のアスリート」に私はなりたい。
もちろん、自転車も速くなりたい。

コメント

    • りんも
    • 2008年 2月 19日

    まさに勝間和代さんの本を読んで共感(勉強)してるとろです。私は月に2冊ってとこかな・・・。でも常に何か読んでます。読書って楽しいよね。

  1. 私も今夜、勝間さんの本を買ってきました。
    りんもは読書家よね。しかもマルチだし。
    すばらしい。見習いたいです。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

*