【bike】帰省復路ライドとtitanio調整メモ



photo : 播磨サイクリングロード

須磨寺一騎打ちで仲間の戦いを見届けたあと、
体が冷えないうちにお寺を後にした。

明石からいつもの海沿いのサイクリングロードへ。
景色がずいぶん冬らしくなってきた。

ロングライドのために導入したサドルtitanicoが、よさそうにみえて
どうもしっくりこなかった。ワイド過ぎるのか、前へと押し出される感じがあった。
そこで愛用のselle ITALIA SLR Gel flowをつけてみたら
やはり慣れ親しんだ感触がしっくりくる。体重移動も楽だ。

ただ、もっとおおきなポジションを取りたいという欲求がまだ起こる。
どうもtitanio付属のPMPのポストがストレートなためのような気がしてきた。
今まで使ってきたようなバックのオフセットがあるポストが必要なのだろうか。

titanioに体が馴染んできたせいなのか、ハンドル高も
もう1ノッチ下げてもよい気がしてきた。

ポジションの探求は続く。

[`evernote` not found]

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

*